参加者:戸出先輩、隈先輩、笠原先輩、金崎先輩、三枝先輩、宮本先輩、森先輩、渡邊先輩、今井、立川、中西、成相、沼田、大林、落合、清水、長谷

男坂:男子14周、女子10周、新入生5周

だったそうですね。神経解剖のため遅刻し、後から聞いて、とてもたまげました。

アップなどなどの後には、基本技5本×2セットが待っていたとか。
つまり、片足10本ずつなので、6種類の基本技を終えると・・・。。。

さらにさらに、新しい趣向にみちた移動練もあり、
特に一年生は、過酷なメニューをよく頑張ったようです。
かつてはみんなが男坂5周であった時期もあることを考えると、
本当にすごいと思います。

私がたどり着いたときは、団法練→新入生発表会が行われていました。
柔道部さんが9時練習終了という異例のスケジュールだったため、
一年生の旋体・旋陰や、変陰、男子団法がそれぞれに、
狭い場所を譲り合う姿にほろっとしました。

久しぶりの団法練では、細かいところのカウントをつめたり、
今までなあなあだったところをしっかりと決めなおしました。

文責:久しぶりに魔女の宅急便を見たくなった成相

【 級位個法】
緑帯として戸島くんと沼田が出ました。
まず、わたしと戸島くんは出場ブロックが違った為、戸島くんへの応援がとてもなあなあな感じになってしまい申し訳ない感じでした…orz

わたしは初戦で紫帯と当たるか!と思いきや、相手の欠場(棄権?)で不戦勝でして、結局初めての勝ちは不戦勝というなんとも情けない結果になってしまいました。
そして2回戦目で茶帯の男性と当たり、普通に3:0で負けました。1旗も取れなくて悔しかったです。
友人達からの「でも上手かったよ!」の慰めが結構キツかったです…うぅ、精進します。

その一方、戸島くんは初戦で軽く勝ち、2回戦目は1:2で惜しくも負けていました。
戸島くんの上達っぷりがスゴくてわたしは置いて行かれそうで慌てています。
頑張って食らいついてゆきたいです。


わたしの私見ですが、全体的に同じ緑帯でも見ていた限り、東大の男子のキレがとても良かったです。
怖いぐらい仕上がっていたように思えます。
あと春合宿でお友達になった子(特に男子)がみんな上達していて、とても自分の法形が惨めに感じました。
めげないで早く緑帯に見合う実力になれるよう努力したいと思います。
あと、どうでも良いかと思いますが、板間での運技は痛かったです。畳の大切さを知りました。

文責:ごはん先輩をおにぎり先輩と呼んだ沼田


【 男子個法】
男子個法は戸出・宮本・立川・中西の4名が出場しました。
戸出先輩は変体、他の三人は転体での参加です。
七大だからか、今後を見越して変での参加が多かった気がします。
結果は、戸出先輩は準優勝!!他の3人は1,2回戦で散っていきました。
まぁ宮本は準優勝した人に負けたのですが…。
最後の講評にもありましたが、転技だけでなく、基本技を磨いていかないと勝てないと思いました。

文責:宮本



【 女子個法】
金「男子と違ってうちらは部内戦を巧みに回避しました★」

えが先輩「それって負けたってことでしょうが!」

なんて会話が廊下でかわされたりもしましたが、女子個法はべっ
きーが準優勝という快挙でした!

個人的な反省としては、小田島先生に瞬時に見抜かれたように、ス
タミナの不足。
あと森さんに「もうちょっと三節一体がんばってよ!パッカーって
開いてるから!」と指摘を受けたように運体の蹴り付きの精度の低
さ。手技の威力及び速度の低下もなかなか顕著でしたし、
エビ蹴りもせっかく変の法形なのでもっともっと極めて技を魅せな
いと勝てないな、と思います。。。


城北も個法があるので、今回よりグレードアップした法形を魅せら
れるように頑張りたいと思います。

文責:躾係三枝



【 男子実戦】
○カニーが準備中です。。。

【 女子実戦】 
女子個実で印象に残っていることといえば、成相の技を決めた後の表情が
かっこよかったことと、森さんの旋体回状が華麗に決まったことです。
自分はといえば、壊れた面ピットと格闘しながらも2回勝ち進むことが
できました。

全体の感想として、女子の実戦は男子に比べて単調になりがちなので
技のバリエーションを増やしたり、虚実をうまく使うことでもっと
面白くなるのではないかと思いました。
また、運足注意をとられる選手が目立ちました。自分もふくめ。
そういった注意があるか否かで勝負が決することもあるので、やっぱり
基本である運足をおろそかにしないことが大事だと感じました。

ちなみに自分は運足から技を出すよう意識するようにと小田島先生、
宮下監督からアドバイスをいただきました。
やっぱり運足大事です。

まあとにかく成相優勝おめでとー!

文責:金崎



【 団体実戦】(vs法政大学)
番号 1戸出 2宮本 3金崎 4中西 5成相
<1回戦宮本先輩> 個人物でうけた怪我をおしての戦いとのことでしたが、
それを感じさせない身のこなしでした。
その後の団法や展開は大丈夫なんですか?という試合前の質問に、
まあなんとかなるよ〜という謎の余裕発言の時、目が笑っておられなかったのがとても印象的でした。。。涙がでます。お疲れ様でした!

<2回戦成相> 後でビデオをみたら、この(相手の)斜状あたってたよね〜というのが
ちらほら・・・。審判には見えない技だった模様です。

<3回戦中西> 個実で相手の技があたったことにより、日焼けサロンで(?)
 真っ赤になっていたお顔が さらに真っ赤になっての、戦いでした。
 果敢に足がらみ・半月を繰り出そうとするも、なかなかきまらず、引き分け。

<4回戦金崎先輩> 「私引き分けるから、みんな頑張って」の言葉どうりに
引き分けを勝ち取って来られました!二言のない先輩です。
お互いに好きな技が同じだったため、なかなか出し抜けない感じでした。

<5回戦戸出先輩> 個人物の活躍により、一人だけ異様に汗びっしょりな主将でした。
相手の動きが機敏で、互いに技を仕掛けられないため、勝負はまさかの限角へ。
転技前に相手の技が入り、惜しくも試合終了。

結果的には惜しい戦いでした。が、必ずしも万全のコンディションではなかったことを考えると、無事に怪我がなく終わり良かったなあとつくづく思います。

文責:面ピットで口がふさがれて息も絶え絶えになる成相



【団体法形】
東京医科歯科大学Aチーム
初団法の試合は初展開の試合の次でした。
非常に緊張しました・・・。展開の時とはまた違った
緊張がありますね。とにかく、事前にプログラムされ
たことを正確にこなさなくてはいけないという圧迫感
で卒倒しそうになりましたが、まあ何とか無事に終わ
れてよかったです、本当に。
 さて、団法の反省ですが今の自分にできることはこ
なせたのではないかと思ってます。何とかバク宙で通
すこともできたし、すじも間違えなかったですしね。
だから、次の大会(城北)までにするべきことは、今圧
倒的に足りてない能力をつけることです。具体的には
側転をもっと大きく見せるとか、斜上からの振り突き
をスピーディーかつきれいにするとかバク宙からの前
転をもっとスムーズにするとか。とにかく、今大会で
骨組みは大体完成されたはずなので、あとは細かいこ
とに意識をしつつ調和を保つ、といったことをやらな
くては勝てないと思いました。ここから先のほうが今
までよりはるかに大変だと思いますが、練習に励んで
よりよい団法完成に貢献したいと思います。・・・・
・・そして解剖がんばって早く終わらせます。

文責:戸島

東京医科歯科大学Bチーム---変陰(金崎、三枝、今井、沼田、渡邊)

実際たくさんの課題が宙に浮いたまま出場した大会でした。だけど、沼ちゃんは初団法で本当に必死に、今井ちゃんも解剖の後に駆け付けて、本当に練習を頑張ってました。ナイスファイトっ//

本番もそうだけど主に調和を乱しているのは私だったりしました。
前転前のピタッに耐えられず、あからさまに早く動き出したり色々本当にごめんなさい。。

小田島先生のアドバイスは、「前半はいいけど、後半は疲れて弱さが露呈しすぎている」と、いった趣旨でした。
確かに、パート練習はやったけど、Aをやってる時間が多すぎました。練習方法も検討必要です。(意見プリーズ)


そして月曜の反省にもあったけど、団法以前に1人ひとりに問題が。5人で合わせる前にまず自分の課題を解決しないと。そこは個人の意識や自主練の役割がやっぱり大きいわけで…。


城北大会まであと4週間以上あるので、細部までこだわっていけるような団法に私はしたいと思っています。


文責:夕飯いらないときは早く連絡しましょうの渡邊


【 展開】
今回は二松学舎の棄権もあって総勢4チームというやや寂しい展開でした(元々も5チームしかなかったけど)。
そんな中ですが、準優勝という結果を残せ、取り敢えず安心しました。しかし城北ではさらに多くの強豪チームと競うことになります。また、準優勝に甘んじる気持ちもありません。頑張りましょう。
女子もね。
個人的には、ビデオを見て大いに反省しました。これでは、七大なら良くても他じゃあダメだろ。練習します。

文責:隈


【 総括】
皆さんお疲れ様でした。ぎりぎりまで仕事をお願いしていた人どうもありがとう。当日動いてくれたみんなありがとう。
 
大会の総括ですが、主幹として大会を成功させることが第一の目標であった今回、予想以上の総合成績に驚いてもいます。
個別に見ていくと、団体物はまともに出場している大学が少なかった今大会では、他大学と比較して何か言うことは難しいと思います。ただ、男子も女子も昨年の学生や全日本のレベルを考えれば、医科歯科としての完成度もまだまだですし、この先学生大会に向けてはもっとレベルを上げていく必要があるでしょう。
スピード、調和、正確性、どれをとってもまだまだ伸びると思います。
頑張りましょう。
個人物は、渡邊、金崎、成相は決勝・三決まで残り、本当によく頑張ったと思います。みな、忙しい中団体物の練習をこなしつつ個人物もよく練習していたと思います。今回はそういった日頃の積み重ねが良い形で表れた大会であったと思います。おめでとう。
残念ながら、結果に結び付かなかった人もいつかきっと努力が報われると信じて次の城北、学生、全日本に向けて頑張っていきましょう。
みんなナイスファイトです。
それから、一年生は大会初舞台で運足八法よく頑張りました!4人がぴったり揃っているところは他の大学に比べても非常に良く、誇らしかったです。練習時間外でも4人で集まって練習したりしたことも良かったのでしょう。その意気で次の城北大会も頑張りましょう!
 
何はともあれ七大総合2位はひさびさの好成績です!
みんな上達している証拠です。その点は自信をもって、それでも一方でより貪欲に上を目指して、次の城北大会に向けて頑張っていきましょう。
 
最後に今回の七大は天笠先生をはじめ、監督、監督補、コーチの先輩方、OBOGの先輩方のご協力があって成功したものです。
この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

文責:戸出


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM