<午前>
 躰道合宿も3日目になりました。今日の新潟の天気は良く、朝からかなり暑かったです。さらに昨日の疲れも残っており、かなりしんどかったです。
 
この日の練習は昨日の練習メニュー(一部)に加えて、新しく「大馬跳び」と「実戦用旋体の突き」と「直視判断」が追加されました。 

「大馬跳び」は一人が宙腰になって、もう一人がその人の肩に手を着いて馬跳びをするという練習でした。大馬跳びは普通の馬跳びよりも高くジャンプしないといけないので、なかなか大変な練習でした。
その中でも大変だったのが・・・・そう、戸出先輩の馬でした。
周りから「マウン戸出」と呼ばれるのが納得してしまうぐらいの高さでした……はぁ↓ 戸出先輩は自分の身長を少しは理解するべきだったですね(笑) 
「実戦用旋体の突き」は相手との間合いが近い時に一歩動いてから旋体の突きをするという練習でした。実際受けてみるとこれは結構速く繰り出せる技であり、さすが実戦用と思いました。それに、個人的に突きの方が技の後も体が安定していて、実戦では突きの方が便利と思っているので、これは是非ともマスターしたいです。 
最後に「直視判断」は二人一組になり、一人がもう一人の後ろに適当な間合い決めて立ち、そしてもう一人の方が合図と共に振り向き、間合いを見極め、技を繰り出すという練習でした。自分は中西先輩と組ませてもらったのですが、やはり白帯と黒帯の実力は違うんだなあと改めて思いました。自分も逆の立場になって後輩に見せ付けたいです。 
練習も終わりもうくたくたでしたが、これでもう折り返し地点を通過したということになるので、めげずに頑張っていきたいです!!

文責:清水

<午後>
中アップ、馬跳び、子馬跳び   
そびえ立つマウントイデの存在にもそろそろ慣れ、屈することなく飛燕突き 
そして朦朧となる中、合宿で恒例となったアジリティ風伏敵練 

今日は4人組になり法形練習がありました。 
一人が四方をかこまれた状態で、前半後半にわけて法形をとおしました。 
タッチーがあえて転体、長谷が旋陰、戸出先輩が変体、成相が変陰ということで、 
種々の法形にふれることができました。 
やっぱり「○体」も「○陰」もちゃんと覚えておくと、 
「次にエビがくる」とか「今度は右を向いて前転がくる」などと 
より近づけてよい練習ができるなあと思います. 

とりあえず皆の目が殺気にみちていました。 

合宿恒例のリレーでは、 
戸出チーム、隈チーム、宮本チーム、中西チームにわかれて、 
前転後転、飛び回、満月ら往復で競いました。 
結果は中西チームの勝ちで罰ゲームまでありましたが、 
落合・清水ら一年生の奮闘もめざましかったです。 
またも主将が、隈先輩のもとへ引き寄せられる病にかかっていました。 
万有引力には逆らえないものですね。 

知的連動攻防では、旋体の突きから始まりでした。 
最後に満月練をしておわりました。 

文責:階段の上り下りに気合いが必要な成相 


<その他>
本日の最高気温は30度。東京より暑いとか。 

今日の朝練は川まで行きました。最終日が楽しみです。皆思い思いに筋肉痛で、夏合宿らしいっちゃらしい感じに。 

午前練の最後に主将から、「皆アーッとなったら申告するように」との一言。アーッが流行しそうな気配です。 

今日もご飯が美味しいです。明日のデザートは夏みかんだとしみしょうが予言しました。昨日はスイカ、今日はメロンです。ちなみに金崎さんはメロンが大好物でメロンをあげると結婚できるとか。 

中西の髪がのびてきました。ほんのり黒いです。 

夕方に三枝さんが来ました。早速中西を餌付けしていました。 


文責:体操の号令をかけるといつも側屈の記憶だけない宮本
 

<一日目午前>

(午前練という名のアップ練)

なんと、アップで2時間が経過したのです(!!!)

ひたすら子馬をやったことは覚えているのですが

三途の川を何度か渡りかけたせいか、アップ内容を思い出せません
ごめんなさい

先輩が

まるでアップ部だね

と言ってましたが、まさにその通りだと思います

その後に食べたスイカは格別だったので、まぁよしとしましょう☆

文責:初日にお風呂場で倒れ、成相先輩に救出された落合。


<二日目午後>

・アップ
中走り、垂直ジャンプ、腿上げ前後、麦踏み、馬跳び、小馬、ストレッチ

・蹴り突き
蹴り、突き

・移動練
構え移動中段下段、一歩出て基本技、加足から基本技

・二人組移動練
旋体の突き、旋体回状蹴り、旋状蹴