朝御飯で日本料理を堪能しました。 
ご飯とおかゆの選択という粋な形式でした。 
ご飯をたのんで、がっつりおかわりまで頼んだ主将は、 
転技を跳ぶには体が重くなったのをずっと気にしていました。 
タッチー曰く、1kg増えると10cm低くなるとか。 

電車の中で、外国の方の 彫りの深さに感動しつつ親善大会の会場へ。 
己錬館の方々ともお会いしました。 
会場前で猛者たちがゼッケンを縫い付けるべく裁縫をしている姿は、 
素敵でした。 

<個法> 
主将は2回戦で敗れ、宮下監督との試合はかないませんでした。 
笠原先輩は3回戦まで進んで、惜しくも破れました。 
成相1回戦敗退です。 
宮下監督が見事金メダルを勝ち取りました。 

外国の男性の人は半月がとてもうまかったです。 
女性はほとんどの人がハンスプをしていました。 
体操かバレエからきた人が多いのか、サラッと美しい転技が 
目立ちました。 

<展開>己錬館チーム勝優勝 
すたすたと歩いて入場する静かな入りと、転技満載の怒濤の30秒の 
コントラストが際立っていました。 
予選が初めての通しだったという、驚異を小耳にはさんだような・・・。 
個人練だけでも、相手がいると想定して練習していれば、本番でも 
ちゃんと息が合うということなんですね。 
監督は4番で予選9.0をたたき出すという大絶好調振りでした。 

<個実>   
女子はフィンランド勢が1、2、4位を独占しました。強かったです。 
飛び旋や飛び回などの上の技も普通に使ってくるし、 
背が高いので間合いが大きかったりと、難しかったです。 
主将はベスト8 入賞でした。  

<女子団実> 
フィンランド対日本の防医+渡邊先輩でした。 
5人では決着がつかず、まさかの延長戦にもつれこみました。 


夜は己錬館の方々とご一緒させていただきました。 
みなさん素敵な方々で、中野館長の強さの源はここにあるんだなあとつくづくおもいました。 

文責:成相 

 合宿から帰宅した翌日のこと。
まだ筋肉痛で足腰はビヨビヨで、朝6時前に目が覚めてしまうなどの合宿症を抱え、
笠原先輩の美しいヒラメ筋には痛々しい湿布のあともありつつ・・・
8日、9日で開催される世界親善大会参加、世界大会観戦のため
戸出先輩、笠原先輩、渡邊先輩、成相は広島へと出発しました。

往復は新幹線で現地ではリッチホテルの躰道パック。ちょっと値段が
お高めであるため初めて聞いたときはギョギョンとなったものの・・・
せっかくの広島だし、観光もがっつり、美味しい物もがっつり食べたい
という気合い充分で、昼時に東京駅八重洲中央口に集合しました。
なんとほぼ徹夜で主将が作ったという広島紀行のしおりをいただき、
駅弁を買い込み、12:10東京発の新幹線へのりこみました。

女子3人で横に並び、主将は一人後ろの列へ。
CBTの達人を解く笠原先輩、模試をとくベッキー先輩、解剖の勉強をするふりをする成相。
前の席に座った2才くらいの、くりくりお目々の少年と見つめ合ったり、
主将もまきこんで皆で模試を考えたり、最初は賑やかでしたが、
大阪あたりでは私は眠っていました。記憶がありません。

さて、4時すぎにようやく広島に到着。晴れ晴れとした顔で、ホームで写真をパチリ。
と撮ったら成相カメラの容量が満杯になりました。え。旅行これからなんだけど・・・。

速達でベッキー先輩の模試を東京へ送るため、まずは郵便局へ。
そこで主将のみ登録のために会場へ向かい、
残り3人は路面電車の広電にのって、ホテルへ向かいました。
停留所を見ては免許を取ったときの学科試験問題を思い出したり、
バスのような電車のような不思議な感じを楽しみました。

到着したホテルは思ったよりもずっと高級感ただよっており、
外で写真をたくさんとって、早速チェックイン。
ロビーのシャンデリアやカッコイイボーイさんに荷物を運んでもらうのに
もいちいち感動していたため、ボーイさんは微笑んでおられました。

部屋のベッドや各自4つもあるクッションや抱き枕に、またも、いちいち感動し、
セレブポーズで写真をとったり、
おいてあるカップ麺は食べてしまうと350円であることに悲鳴をあげたり。
freeサービスは全て利用しようという志のもと、マンダリンのアロマテラピーをたのみ、ピローを選べるサービスではテンピュール(枕のブランドとのこと)を注文しました。ピューリタンではないですよ。
あみだくじでベッドの場所をきめ、マシュマロのような枕で一段落したところで、
ホテル探検へむかいました。

最上階からさがっていき、お店をチェックしました。
結婚式場もあって、実際にハワイ風結婚式がひらかれていました。
ひきでものの一覧が飾ってあり、バームクーヘンやティーカップが
ある中、ひときわ目をひいたアップル鯛が、私たちの心を一番とらえました。

ようやくついた主将と合流し、夕食を食べにくりだしました。
ガイドブックで見つけた人気ベスト8の「みっちゃん」で広島風の
麺入りのお好み焼きを堪能しました。
中西風のそろいのバンダナ(?)にユニフォームで
職人さんたちは気合いがはいっていました。
生地はふわっと、キャベツは甘く、麺はかりっとで、とても美味でした。
相変わらず食べているときは沈黙が場を支配していましたし。
私はもち入りお好み焼きが気に入りました。

さて当初の予定では夕食前に原爆資料館を見学するはずだったのですが、
かなわなかったので、原爆ドームだけでも今から見学しようということになり、
顔色がかわったのは意外にも最も体積が大きい主将でした。
急にいつもよりおしゃべりになり、「見えなければ害はないんだ。うん。」と
自分に言い聞かせていました。

教科書でお目にかかったことがあるだけだったけれど、一度は見にこなければ
と思っていた禎子さんの像やたくさんの折り鶴たち、骨組みがみえている原爆ドーム、影が残ったお地蔵さんなど。
8月7日という日にちと、夜であるということから、
ひときわ感慨深いものがありました。川にはきらきらと明かりが映って
とても綺麗でした。
明日が試合だということをほぼ忘れていました。
沖縄での世界大会を期待をしていたのですが、
広島でもよかったなあとすっかり満足しながら、深い眠りにつきました。

文責:「私の好きないかのからあげ」という題で作文を書いたことのある成相


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM