一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 日誌・・・に変えまして、主将による
【春合宿&選考会総括】を載せます。みなさんおつかれさまでした。

 
戸出です。今回は春合宿を途中で抜け出し、世界大会出場選手選考会に参加するという強行スケジュールでした。
 
思えば今回の北原館は自分が一年生の時に最初に参加した春合宿と同じ場所です。あの時の林先輩と同じ学年に自分がなり、その林先輩は研修医2年目。あの時春合宿で知り合った躰道の同期はほとんどが卒業。
あの時見ていた先輩の姿に自分は近づけているのか、同じく主将を2年間された坪川先輩のようになれるのか、そんなことを考えたりもしました。
 
4年生のみんなは俺達を除けば最高学年。春合宿に参加してわかったと思うけど、みんなの同期は他大で主将や副将をやっているし、4年生はもう部活を引っ張っていくだけの力を持っています。これからの部活動中は、5年生に遠慮することなく、一番上という自覚をより一層強く持って、かけ声を出したり、後輩への指導をしてください。
 
春合宿の総括
春合宿の目的の一つに新入部員への指導方法や理論を修得するということがあります。合宿中に行ったミーティングの内容からすると、この点は部員の多くが感じていたようで、安心しました。今回他大での指導方法なども多く経験することができたと思います。是非それらを4月の新歓に生かせるよう各部員とも知識などの整理をしておいてください。
もう一つ春合宿の目的の中に躰道理論の学習があります。これについては、谷先生による呼吸法の御講義などによって、普段学ぶことのできない理論を学ぶことができたのではないかと思います。学生躰道はとかく競技重視に偏りがちですが、こういった理論を学ぶことでより躰道の魅力が高まるのではと考えています。
 
選考会
選考会はさすが日本代表を決めるだけあって、大変レベルの高いものを見ることができました。選考会に出た人や見た人は、全日本レベルがどんなものかを改めて知ることができたと思います。今回男子団法は選考を通ることができませんでしたが、この悔しさを忘れずに全日本のレベルを目標としてこれから稽古に励みましょう。団法に限れば、5人のうち個人個人の個法としてのレベルがまだまだということだと私は思いました。
 
4月はとにかく新入生の勧誘が最重要事項です!
部員一丸となって取り組みましょう!
お疲れ様でした!

  • -
  • 00:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://tmdutaido.jugem.jp/trackback/8

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM