今年の七大学大会は拓殖大学の八王子キャンパスで行われました!


お昼休憩の後は新入生11人のうち9人で基本技を交えた運足八法を行いました!
今年の新入生は入部した時期に幅があって練習回数に差がありましたが、みんな本当によく頑張りました!
前日の土曜日練習で1年生が自ら退場を合わせようとしていて、カウントを決めてたくさん練習して、本番は今までで一番綺麗に揃っていたので、見ていて本当に嬉しかったです!!
中には大会当日に演武に参加することが決まって午前中に筋を詰め込んだ子もいましたが、ちゃんと最後まで通しきることができました*\(^o^)/*

他大の1年生が躰道をする姿を見て、多かれ少なかれ影響を受けてもっと頑張ろうと思った子が多かったようなので良かったです!
これからの成長が楽しみです♪( ´▽`)


段位法形の転体・転陰を見ていると、高等転技が出来る人はやっぱり強いなと感じました。
転の年である今年、私が大会の個法で転を通すことはないかもしれませんが、展開やその他の法形で使えるように、バク転と逆足のハンスプなど、高等転技ももっと練習したいです。
級位法形では他大の同期たちがキレッキレで殺気を感じる法形を通していて焦りました。
個人的に法形全体にキレを出すことは去年からの課題なので、今年こそはスピード感を加えて緩急のある法形を通せるように、キレを出すことを優先的に意識していきたいと思います。
たくさんの人に、自信持って頑張って!!と応援してもらえたり、おめでとう!!と喜んでもらえたりして、本当に嬉しくて、私は幸せ者だなぁと思いました(*^^*)
応援の力を改めて感じました。
小さな大会ではありましたが、結果が残せてよかったです!

実戦練習をするようになってから初めて大会で実戦を見ました。
実戦怖いな…痛そうだな…と思って見るだけの今までとは見え方も感じ方も違いました。
実際にコートに入って練習するようになって、技の出し方やつなぎ方、間合いなどを意識して見るようになったと思います。
間合いが遠いってこういうことか、蹴り角度が低いってこういうことかと客観的に見て気づいたり、この連技は使えそうだとかこういう状況でこの技が使えるのか…などと実戦を新しい視点から見ることが出来たのでいい勉強になりました(*^^*)

北里大学の転陰団法は転技にスピード感がありました。
転技のスピードを上げることは私個人としても、医科歯科の団法としても課題なので、負けないように練習を重ねていきたいです。
団体実戦のエキシビションはものすごくレベルが高く、とにかく「すごい…」しか言葉が出ませんでした笑
実戦に憧れを持って練習を頑張りたいと思います。

上級生にとっては、大会は昨年の12月の全日本大会以来で、少し落ちてきてしまっていた緊張感や競争心を上げるいい区切りになったのではないかと思います!
1年生には大会の雰囲気を知ってもらえたと思うので、躰道を続ける理由として「楽しいから」だけではなく、「上手くなりたいから」という気持ちも芽生えてたらいいなと思いました!

文責 落合


〜大会結果〜
男子段位法形競技 準優勝 大竹健人(M4)
男子段位実戦競技 第3位 本橋翔平(M4)
女子段位法形競技 第3位 望月杏奈(N4)
女子段位法形競技 第4位 佐藤希美(N4)
男子級位法形競技 第4位 豊田直氣(D2)
女子級位法形競技 優勝 落合めぐみ(N2)
女子級位法形競技 第3位 田中五月(D2)
女子級位法形競技 第4位 中西朝香(N2)
※級位実戦競技、団体競技はなし




















  • -
  • 23:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM